2011年12月26日

クリスマスの夜に戸建の鍵開け、大阪市此花区に鍵屋が行く

bana01.gif
玄関開錠 9000円 〜 18000円、夜間は3000円増し
(普通のマンション)   (防犯錠)、深夜は5000円増し

夜間鍵開け専門は、06-6924-6969 まで!
鍵 大阪西日本ロックサービス。


クリスマスの夜11時に電話が鳴る。携帯電話
いつもの提携先からで「オートロックを開けて欲しい」って内容です。
マンションの玄関?って思いながら、お客さんに電話する。
戸建住宅の1Fのオートロックで締め出しをくらったらしい。
「??????」よく解からない。
こんな寒いクリスマスの夜で行きたくなかったが、とりあえず緊急出動です。車(RV)
(今までで初めて依頼を断わろうと思った)
現場到着。

20111226C.jpg(グーグルからパクリました)

鍵はトステム扉に最新式URに電気式自動施錠との事。
鍵を持って出るのを忘れて家族で買物に出かけたの事。
御両親と二十歳前後?の息子さん二人とその彼女らしき二人でおかしなテンションになっている。
「ピッキングでチョチョイと開けて下さい」との事ですが、URのピッキングは無理です。バッド(下向き矢印)

20111226A.JPG上の鍵が切れてます。

他の進入場所を探します。
窓は、シャッターが付いている。
裏口に廻ると、30センチぐらいのすきまに面した引違い窓がある。
面格子が外れないタイプ。
サンダーでカットしてから、窓を解錠の方法が無難か?って考えながら提案する。

ご主人は、2階のベランダまでハシゴで登って窓のクレセントを解除する案を薦められる。
そして勝手にハシゴを近所に借りに行った。

こんな危険作業って嫌なんだよね。がく〜(落胆した顔)
借りてきたハシゴは明らかに届かない長さ。
すると、もう一つハシゴを借りてきて、番線で繋いで!って指示される。
「しっかり結べば大丈夫!」って御主人。
・・・・・・・・・・・・」「危険なのは、こっちなんだけどもうやだ〜(悲しい顔)
1本をAの字にもう1本を1mほど浮かして番線で結束。
冬の夜の寒さと、高い所の恐怖で異常に震えが止まらない。

登って何とかベランダ内に入る事が出来た。
しかし、その部屋は大型犬の飼育している部屋で見知らぬ侵入者がいきなりベランダに現れたので
すごい勢いで吠えている。ふらふら

20111226B.JPG
噛まれたら嫌だな−って思っていると、援軍が2人。
市原隼人似の息子さん2人が2Fベランダに登って来た。
(この家族の男衆は、怖い物知らずです。)

2.3mぐらいある引違い窓にペアーガラスで、ビクともしません。
援軍2人に協力してもらい「キコキコ解錠」でクレセントを何とか半分まで解錠するが、後が・・・・・。
クレセントレバーを中の犬様に開けてもらおうと必死に呼ぶが、ダメです。
最後はすきまから、必殺クレセント専用オープナーで「チョイチョイ」と押して無事解錠。
料金を頂く時に、奥様から「壊す事を考えたら安い物」とのお言葉。

ここのところ、料金未納事件が多いので、うれしくなりました。
しかし何と清々しい御家族かと関心してしまいました。

この御家族にとって聖なる夜が、とんでも無い夜になちゃいましたね。
鍵を持たずにドアを出ると、自動で閉まってしまう危険なドアは考え物ですね。
メーカーでは、お客さんの利便性も考えなくては?  って思います。



マンション夜間緊急出動対応は、「西日本ロックサービス」まで! 
大阪 鍵 鍵開け 大阪  06-6924-6969 鍵屋 大阪
posted by キーロック at 20:05| Comment(0) | 解錠