2012年05月25日

防犯錠鍵開け2連発、大阪市淀川区・中央区そのA

bana01.gif
玄関開錠 9000円 〜 18000円、夜間は3000円増し
(普通のマンション)   (防犯錠)、深夜は5000円増し

夜間鍵開け専門は、06-6924-6969 まで!
鍵 大阪西日本ロックサービス。


昨夜に引き続き?
いや、本日に引き続き5時間後の朝7時30分に電話が鳴る。携帯電話
「鍵を無くしたので、家を開けてほしい」って依頼です。
場所は、道頓堀近辺の築浅マンションビルです。
「嫌な予感です」たらーっ(汗)
もうすでに渋滞が始まっています。
大阪の中心部を通って目的のマンションへ。
おしゃれなマンションです。
「ヤバイ!!!」がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
鍵屋としての、危険度チェッカーが振り切れます。
お客さんは、オートロックの中でお待ちです。
一緒に、指定階へ向かう。

20120525.jpg

20120525A.jpg

PR-LAFの鎌錠です。
上の1ヶ所だけの施錠ですが中は、スイッチ付きB5ターゲットです。
しかも、ベリーショートの為通常の自作の回転系オープナーが使えません。もうやだ〜(悲しい顔)
その距離24.5cmです。
最悪です。もうやだ〜(悲しい顔)
「ええっと!・・・・・・・・・」ふらふら
言葉になりません。
「この鍵は、今現状開ける事は、出来ません。」ふらふら
「もう少し待って、9時以降なら壊す事は可能です。」
「金額は、○○○円ですがどうしますか?」
「エエッ!そんなに掛かるんですか?」
「はい、壊してから代えのシリンダーを付けてから1ヶ月後に交換です」
って手順を説明する。
「しかし、試作段階の工具が都島の倉庫にあります。」
「それで開く可能性は30%ですが、試してみる価値はあると思いますよ!」
「その代わりに一旦戻りますので時間は掛かります。」

お客さんに同意を頂いて、急いで倉庫に戻って、「回転系ショート、試作1号・2号」をもって道頓堀に向かいます。
これは、前回の20cmのTM型を攻略出来なかったので、
「朝から晩までひたすら鉄カンカン、仕事に疲れて腰トントン、でっかい仕事狙って虎視眈々」るんるんで作っていました。
(鉄工所ラップのパクリです)

車の中で工具の実測しますが、どうも長いです。
これは、現場合わせで工具をカットしないといけません。
充電式のディスクサンダーを持って部屋へ向かいます。
外部階段の踊り場で、サンダーを使って工具をカットしながら準備します。
これくらいは、自作工具を作って来た者にとって朝飯前です。
この時点で10時ですが朝飯は、まだです。
鍵開け作業、開始です。
ゆっくり、慎重に作業を進める。
中々、キャッチ出来ない。
又、キャッチ出来ても廻らない!
あと、5ミリ長い様だ。
作業を中止して再び5ミリのカットをして作業を再開する。
答えを模索している中、うまい事キャッチ出来た。
このままの姿勢で、方向確認しながらゆっくりと手元を廻すと、「カシャ」っと小さい音が鳴る。わーい(嬉しい顔)決定
お客さんは、階段でお休み中です。眠い(睡眠)
工具を片付けて、本日の任務完了です。グッド(上向き矢印)

20120525B.jpg

20120525C.jpg

お客さんからは、「壊さずに開けてくれて、ありがとう」ってお褒めの言葉を頂きます。
そりゃそうだ。
壊す事になれば開ける金額の2倍以上掛かりますからね。手(チョキ)

この頃は、開けれない鍵に出会う確率がかなり増えてます。
鍵屋のみなさんの地域はどうですか?
私の場合は翌日には、解錠道具の製作に入り試作品をいくつか作ってリベンジを待っています。
本日は、「スライド系TM型用先端1号・2号」と「スライド系PG上部用先端2号」が完成しました。

難しい鍵「カモーン」  (商売を完全に忘れて趣味になってるよ!)


マンション夜間緊急出動対応は、「西日本ロックサービス」まで! 
大阪 鍵 鍵開け 大阪  06-6924-6969 鍵屋 大阪
posted by キーロック at 23:25| Comment(0) | 解錠