2013年02月07日

お客さん?の事情、大阪の鍵屋

bana02.gif
玄関開錠 9000円 〜 18000円、夜間は3000円増し
(普通のマンション)   (防犯錠)、深夜は5000円増し

夜間鍵開け専門は、06-6924-6969 まで!
鍵 大阪 西日本ロックサービス


商売をやっていると、訳解らないお客さんがやってくる。
昨日の話です。
「鍵交換したいんですけど、どれを買えば良いのか解らないので見てほしい」って依頼です。
「はいはい、鍵交換ですね。見に行きますよ。」と料金を告げる。
「違うんです。自分でホームセンターで買って交換したいんです」

開いた口が閉まりません。がく〜(落胆した顔)
要約すると、お店を閉めて家のカギを見て車に乗ってホームセンターまで行き品番を決める。
これを無料で、しろって事か?ふらふら
こーなると、商売じゃないよ。
「当店では、出来ません」とお断りすると「サービス悪い店や」と吐き捨てられる。もうやだ〜(悲しい顔)


2週間程前、お店にやって来て「金庫の開け方を教えて下さい」って依頼です。
「いやいやいや、無理でしょう」
大阪人のストレートな言動にビックリですね。がく〜(落胆した顔)
「教える事は出来ませんが、開ける事は可能かと・・・」って鍵屋。
「タダって訳には?」ってお客さん。
「ふー、・・・・・・・・ちょっと無理ですね」
「じゃーいくらぐらいですか?」
「○○○円ぐらいです」
「じゃ、いいです」と帰ってしまいました。ふらふら
これは、お客さんじゃありません。
500円や1000円で金庫が開けれると思っている。
小学生の小遣いか!ちっ(怒った顔)


玄関の錠前の写メを見せながら、「これがこーならないんだけどどうすれば直るの?」
これに、俺はどー答えれば良いの?
面倒くさかったから、「店長は居ませんので解りません」って言っときました。
「店長は殆ど居ませんが、仕事なら呼びますよ」って言うと帰って行きました。


鍵屋の解らん事と言えば、弟子入り志願ですね。
年に1件ぐらいは電話がある。
「弟子で教えて下さい。給料は、要りません」って内容が殆どです。
そんなに依頼のある鍵屋じゃないので。お断りしています。むかっ(怒り)
どうしてもって人には、鍵パスワードの学校をお勧めしています。
その後の進路は、鍵の学校で聞くでしょう。

そんな中にも勘違い君は存在する。
「弟子として鍵開けを教えてほしいんですが、時給は1000円ぐらいあれば十分です」だって。
普通は、お金を出して教えてもらう物です。
会社員ならまだしも、お金をもらって教えて貰う事が世の中にありますか?
しかも、商売のテクニックなんて尚更です。
って言うか、俺自身がそんなに貰ってない。
店長として、店員として、作業員として、経理営業マンとして、そして下っ端雑用として頑張っているのに。もうやだ〜(悲しい顔)
昼間は店で働き、夕方から夜までは鍵交換、夜中は鍵開けの作業。
こんなに頑張っても、そんなに儲からないんだよ。ふらふら

時給1000円出したら、鍵開け教わったる。って事?
どんだけ上から目線なの?
こんな若者が巣立って行く背景には、ゆとり教育が歪みを生んだのは間違いない。


マンション夜間緊急出動対応は、「西日本ロックサービス」まで! 
大阪 鍵 鍵開け 大阪  06-6924-6969 鍵屋 大阪
posted by キーロック at 15:11| Comment(0) | 日記・その他