2012年02月03日

朝のコーヒーショップの鍵開け、大阪市中央区

bana01.gif
玄関開錠 9000円 〜 18000円、夜間は3000円増し
(普通のマンション)   (防犯錠)、深夜は5000円増し

夜間鍵開け専門は、06-6924-6969 まで!
鍵 大阪西日本ロックサービス。


朝の7時に携帯電話が鳴る。phone to
「チェーン店のコーヒーショップよりスタッフルームの鍵を開けて欲しい」との事。眠い(睡眠)
「普通のギザギザの鍵ですから、すぐ開きます。」ってお客さんが言っている。
「?????????」
それは、こっちが決める事なんですけど。

「金額はいくらですか」
「普通の鍵で開けば○○○円です。」
「それでいけます。」ってお客さんが言う。
なぜ、そんな事が解かるの??
鍵屋であればどんな鍵でも開けると思っている人が多い。

所詮、鍵屋はドロボウと同じぐらいの技術しかありません。

ドロボウ対策している所は、鍵屋では開けるのは難しくなっています。

オフィス街なので「近くに駐車場はありますか?」って聞く。
「当店のお客さんは、前の大通りに車止めてコーヒー飲んでいますから大丈夫です。」
駐禁とられるのは、こっちなんですけど。
朝、眠いのに出動前から疲れます。

さて、テンションダダ下がりの中、出動です。車(セダン)
到着すると、女性スタッフが自動ドアを手で開けて向かえ入れてくれた。
店内は真っ暗です。
一番奥のスタッフルームに到着。
驚いた事に、真っ暗な状態で営業していてお客さんが2人居ました。
どうやら、部屋の中に店舗のブレーカーがあるらしい。

さーここからが、鍵屋の本領発揮です。
金額分のええ仕事しまっせー。
20120203.jpg
扉は内開きでシリンダーはユーシンショーワの6本ピンです。
室内錠で、これはないやろー。しかも交換して1年ぐらい。バッド(下向き矢印)
解錠方向を確認し、ピッキンッグ開始。
中々、決まらない。
って言うより全然決まらない。
アンチピンが入っているのか?
結構時間がかかっている。
お客さんは「まだ、電気付けへんの?」って痛い言葉が背中に刺さる。
壊錠するしかないかって事が脳裏をかすめる。
考え方を変えて施錠方向にピックしてみる。ひらめき
パチパチパチ。
なんか良い感触。

ここは、一発勝負に出る。
方向確認、テンション確認、精神統一でガンでカチカチ。
内筒がゆっくり廻った。
後は、逆方向に高速回転さす道具で回します。
「ガキッ」無事解錠です。手(チョキ)
その後、女性スタッフは店内の電気を付けたが、お客さんは4人になっていた為制服に着替える事はしばらく無理そうです。



マンション夜間緊急出動対応は、「西日本ロックサービス」まで! 
大阪 鍵 鍵開け 大阪  06-6924-6969 鍵屋 大阪
posted by キーロック at 22:32| Comment(0) | 解錠
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。