2014年02月24日

ホテルの破錠、大阪市福島区に鍵屋が行く

bana02.gif
玄関開錠 9000円 〜 18000円、夜間は3000円増し
(普通のマンション)   (防犯錠)、深夜は5000円増し

夜間鍵開け専門は、06-6924-6969 まで!
鍵 大阪 西日本ロックサービス


川西市から帰宅した夜の10時30分に電話が鳴る。電話
「ホテルの客室の鍵が壊れたので、開けてほしい」って依頼です。
金額聞いてますが、こればっかりは解りません。ふらふら
概算金額で急行します。車(RV)
場所は、福島区のビジネスホテルです。
担当者に連れられて問題の部屋へ向かう。
本日の獲物は、これ!

20140224.JPG

ゴールのV−AHL9です。
マスターキーで廻すも、ラッチは反応するがデッドボルトが反応無し。もうやだ〜(悲しい顔)
違う部屋を見せてもらい、機能を考える。
テール部分の破損かデッドボルトのピンが折れている感じです。
ビューから中の状態を確認します。
回転系工具で中を廻そうとするが、中から聞いた事の無い言葉でまくし立てられる。がく〜(落胆した顔)
扉を挟んで中からこっちを見ているが作業が出来ない。ふらふら
閉じ込められた中のお客さんは、外国人なので日本語が通じない。
「バック、プリーズ」と言うと静かになった。
ここぞとばかりに、回転系工具投入です。
すると中から変な加重が掛かる。がく〜(落胆した顔)
力が無理やり横方向に掛かり、工具が折れそうになる。
中の人が抵抗してるのか?
これは、やばいので引き抜きます。たらーっ(汗)
こんな調子なら無理ですな。

デッドボルドを切る事を選択します。
大幅な工事になりますが、時間も時間なので翌日の朝7時に決行します。
帰ってから、いつもの若い鍵屋さんに電話する。
「面白そうだから、行ってもいいですよ」との事。
「ラッキー」
私事ですが、連日の作業で骨盤が悲鳴を上げている。
先週から、痛みがピークでお店の前の接骨院に通院中です。
こんな状態では、過酷な破錠作業は無理です。

翌朝は、若い鍵屋さんがやる気マンマンです。
ホテルのロビーで待ってましたが、7時になり作業開始のOKが出ましたので出陣です。グッド(上向き矢印)
お客さんは、8時には出発ですのでタイムリミットは1時間です。
シリンダーとレバーの間をホールソーで抜く事にしました。爆弾(若い鍵屋さんが)
ポンチでマークし、若い鍵屋さんがドリルで「ゴリゴリ」進めます。
強敵ですが、パワーで持って行きます。パンチ
中が見えると、中身を徐々に取って行きます。
デッドボルトを何とかスライド出来ました。
次はラッチですが、サンダーでカットします。(若い鍵屋さんが)
「ポキッ」っと言う音と共に、無事開錠です。手(チョキ)

20140224A.JPG
20140224B.JPG
20140224C.JPG

時間は7時38分。あせあせ(飛び散る汗)
これで中のお客さんは無事、旅に出れますね。飛行機
外開きドアで良かった。
ホテル特有の内開きドアなら、かなり苦戦しただろう。
指示だけで、作業の殆どは若い鍵屋さんが進めました。決定
復旧作業は、不要らしい。
その後は、ファミレスで朝食をします。喫茶店
深夜鍵屋のハードな夜は、こうして終了です。

明日は、未知との遭遇。
噂で聞いたゴールの左右非対称系ボタンの鍵開けです。
今年1発目のギブアップか?



マンション夜間緊急出動対応は、「西日本ロックサービス」まで! 
大阪 鍵 鍵開け 大阪  06-6924-6969 鍵屋 大阪

posted by キーロック at 13:45| Comment(0) | 解錠
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。